コンタクト&オーディション

獏天SHEDDING2期生を募集します。

2020年 獏天SHEDDING 二期生オーディション

【募集する人材】

そうやって一人で腐ってろ!

俺の良さが分からないんだとか、私の演技を分かってくれないんだとか一生言ってろ!

ここは俺の出るとこなんかじゃねぇ…。こんなの私が演るわけ?そうやって怯えてろ。

いいじゃないか。

どうせ死ぬんだ。頑張ろうとこの世界に入ってきたんだ。

恥かいて、汗にまみれて、悔し涙を流せよ。

叫んで、戦ってみろよ。

そんな欲求不満だらけの奴を募集します。

18歳から40歳までの男女

(特にアクションがやりたい方アクション指導は、ドラマ「今日から俺は」や実写版「銀魂」「進撃の巨人」等で知られるアクション監督田渕景也氏(Gocoo)が行います。)

悩める全ての役者へ

【役者の仕事とは…】

役者は脚本家に自分の役を書かせ、演出家にこの役にこれ以上はないという「決定」をさせる仕事です。

短所を克服するものではなく、長所をひたすら伸ばすものである。

強いて言えば、その短所ですら武器で無くてはなりません。

「演技」が上手くなりたいと思ってませんか?

芝居のうまい役者は、ゴロゴロいます。

しかし、オファーのかかりやすい役者は決まっています。

なぜか・・・。

監督が、演出家が、脚本家が、その役者を理解し、長所を分かっているから、どんな役でもよく見えるからです。

脚本家が、この役をやらせたい。

監督、演出家が、こいつならうまくこの役にはまる。

そう思わせる事が「役者の仕事」です。

役者は自身の身体的特徴や癖、コンプレックスや価値観すらも武器になり得ます。

全ては勝ち得る為です。

我々は2019年、更なるステージを目指す為、若手の役者が競い合える場として獏天の系列団体「獏天SHEDDING(シェディング)」を立ち上げました。

20名近い役者が1年の稽古期間を経て2月に公演を打ちます。

そして今回、獏天SHEDDING二期生を募集致します。

性別、経験、スキルやキャリア一切問いません。

我々は常に「新しい才能」「新しい出会い」「新しい可能性」を探し求めています。

あなたの燻る才能、押し殺している情熱、評価されない苛立ち、欲求や好奇心。

その全ては私達にとって財産であり可能性です。

迷っている方は是非私達、獏天と出会ってください。

【オーディションについて】

・応募方法

下記のアドレスに【イデ】宛てにお送り下さい。

・件名「獏天SHEDDING 2期生オーディション」

・お名前(芸名可)

・所属事務所(または所属劇団)無い方は無しで

・生年月日

・身長、体重

・主な出演歴

・趣味や特技(自己PR等)

・写真2枚(全身、バストアップ)

を掲載の上、送信下さい。

※芸能事務所、又は劇団に所属されている方は必ず許可を得てからご応募下さい。

締切日 2月24日

宛先bakuten2006@gmail.com

担当【イデ】

・書類審査を通過された方には二次審査のご連絡をさせて頂きます。

・オーディション開催予定日

3月中旬 都内施設を予定

・オーディション特典

ご応募頂いたアドレスに返信を送らせて頂きます。

その返信画面を受付にてご提示頂きますと、2月公演「それでも空は青いのに」をお一人様一回限り3000円で観劇頂けます。

【合格後の流れ】

・稽古開始日

4月上旬より月4回

・公演本番

2020年春

下北沢GEKI地下LIBERTYを予定

獏天新作公演『Nanimono 何者~就活娘に愛と偽りのラプソディーを』の出演者を募集しています。

今回の作品は、シリーズ作品としての第一弾となります。

男女キャスト募集いたします。

・男性キャスト:20代2名、30代1名、40代1名

・女性キャスト:20代から30代 2名

以上を募集いたします。あくまでも年齢は目安です。そんな風に見えればOKです。

・オーディション日時 7月29日杉並区内施設にて

・応募要項 身長、体重、作品歴、セールスポイントをお書きの上、下記のアドレスに全身写真と上半身写真を添付の上お送りください。

bakuten2006@gmail.com

・経験者未経験者は問いません。事務所所属、劇団所属の方は許可を得て参加して下さい。

・締め切り日7月24日必着

◎劇場:下北沢GEKI地下リバティ

◎公演日程:2017年9月22日~10月1日 全15ST(予定)

◎作演出:イデヨシフサ アクション;田渕景也(GOCOO)アドバイザー:佐藤太

【ストーリー概略】

北高円寺のとあるカラオケボックスの一室にHEYJU(ヘイジュー)探偵事務所がある。

所長の元2課の刑事の湊兵吾(33)と元外務省の官僚の泊十蔵(35)が住居兼事務所で今

日も暇を持て余している。

「猫がいなくなった」「誰か机いらないか探してくれ」「家庭教師見つけて」など、探偵と

言うより、地元の便利屋の様な存在となっている。

来るのは家賃取立する大家と借金取りと地場のヤクザ、刑事も何かと顔を出す。

社訓『簡単な仕事は断れ!面倒な仕事は受けろ!』と、壁には貼っている。とはいうも

のの背に腹は代えられず何でもやる様になっていた。

厄災と忙しさは一致している。降って湧いたように依頼が飛び込んでくる。

何かとちょっかいを掛けてくるヤクザ花形が、消えた若頭を探してくれと言う。続いて準

公務員の旦那の怪しげなアルバイトを突き止めてくれと言う依頼がくる。あたふたと動く

兵吾を尻目に、やる気があるのかないのか十蔵は事務所で電話番をしている。

そこに、新たな依頼が飛び込んでくる。『簡単』な依頼が…。

「一時間くらいで済むと思うんですけど、弁護士の東の使いの者ですって言って書類受け取って来てほしいんですよ」と、金髪の女輝石(22)が言う。輝石の可愛さにも惹かれ、能天気にも個人的に依頼を受けてしまう十蔵。

 当日―。十蔵が目にしたのはヤクザの死体であった。警察、ヤクザに追われる十蔵と兵吾。こんがらがった紐はほどけるのか…。

 事件は一転二転し思わぬ方向に転がって行く。

 一般社会にいつの間にか浸食しているオレオレ詐欺。そして、そこに加担する普通の人々と闇の住人。金主、道具屋、コーチ、トレーナー、受け子、出し子。そんな中にも、愛が存在し、そして憎しみも存在する。

地方出身者の輝石は、逼迫していた。就活には金がかかる。リクルートスーツ、交通費、外食費も馬鹿にならない。そして、重要なのは顔。整形に金を掛けていた。必然的に通常のアルバイトでは賄えなくなり、夜の仕事からオレオレ詐欺へと・・・。

全ての依頼は一つの線に集約されていく。そして、兵吾が警察を辞める遠因となり、十蔵と引き合わせた未解決スモーキースマイル事件に繋がって行く。

 アニメ『攻殻機動隊』において『笑い男』というシリーズをがあり、それをモチーフとした企業人誘拐脅迫事件がネット上で起こっていた。画面に映る脅迫者の顔は、『笑い男』をパクった様なスモーキースマイルと呼ばれるCG画像で隠されていた。

現代社会の闇と構造社会が作る歪みの中にこの物語はある。

獏天次回公演出演者オーディション及び団員募集

獏天は映画監督であるイデヨシフサが、映像には出来ない即時性とタブー&アクションをやりたいが為に設立されました。

『化学物質過敏症』『地下鉄サリン事件』『戦時下の日本の原爆開発者』など社会派と呼ばれる作品を手掛けてきました。昨年(2015年)初めて再演作品をやりました。『IN廣島 紐育に原爆を落とす日』『グレイな世代 黒とシロ』嬉しい事に国内最大の演劇ポータルサイトこりっちにおいて2015年ランキング21位にランキングされました。着実に階段を上っていると自負しております。

どの作品も毎回オーディションや推薦などでキャストを決めてきましたが、次回作品より『売れる役者養成』として約半年間のワークショップ兼稽古を行う事とし、劇団として活動していく事にしました。

ゴリ押しでもいいから映画、ドラマに突っ込んで看板役者として育ってほしいのが本音です。なので、ワークショップ期間はイデを中心ではありますが、映画『太陽の蓋』、ドラマ『警視庁ナシゴレン課』の佐藤太監督、『進撃の巨人』『変態仮面』のアクション監督である田渕景也など招聘し、あらゆる手段で売れていく方法論とコネクションを作ってください。

★2月4日、11日に第一次オーディションを開催します。選考された方は、ワークショップを受けていただき6月下旬に最終選考となります。

【日程】2月上旬よりスタート6月一杯までワークショップ中心で行います。

    7月より稽古を開始します。

【日時】毎週月曜日、第2、第4金曜日月6回がワークショップ基本となります。

【諸経費】月3,500円(月末徴収いたします) 一回のみ受ける方は1,000円となります。

    ※7月以降は稽古になりますので費用は掛かりません。

【カリキュラム】役柄の作り方、声の出し方、小道具の活かし方、呼吸法、基本アクション、オーディションの受け方等々出来得る限りやって行きます。

【公演日程】2017年10月上旬10日間15ST下北沢GEKI地下リバティ(予定)

【次回作品について】

 今回は演劇作品と言うよりも、映像化を狙ったシリーズを考えています。関連作品とし

て最低7回の連続するドラマを構想しています。一話完結でありながらも、大きな疑問疑

惑が続いていく探偵サスペンス劇です。なので、レギュラーの配役、ゲスト主役などキャ

スティングしていきます。

【応募要項】芸歴(無い方は無しとお書きください)、身長、体重、連絡先、セールスポイント、上半身写真、全身写真を添付の上bakuten2006@gmail.comまでお送りください。

事務所所属の方は、了承を得てからご応募ください。

11月2日から9日まで下北沢GEKI地下リバティにて獏天新作『超人のオトシモノ』(仮題)の出演者を募集します。今回は、獏天初のブラックコメディ。子供の頃にTVを見ていて思ったこと・・・。あの怪獣が、ウルト●マンが壊したビルや家はどうなるのか?そこには家庭があり、仕事場があった。その家族たちは・・・。国が補償をしてくれるのか?世知辛い現代で起こればどうなるのか?そして、いつの間にか某科学特捜隊がウルト●マンを背景に暴走しはじめる・・・。

今回は全キャストオーディションを行います。年齢性別は問いません。ただし、やる気のある方のみです。

演出は映画監督のイデヨシフサ。アクションは『進撃の巨人』のアクション監督田渕景也。

9月24日(土)杉並区施設で13時よりオーディションを行います。

bakuten2006@gmail.comに全身写真、上半身写真を添付の上プロフィールをお送りください。締め切りは9月19日(月)

とにかく出てみたい。やる気だけはある。演技経験は問いません。一定数を超えましたら締め切らせていただきますので、早めのご応募お願いいたします。



【神軍ラッパは響かない】お蔭様で全キャスト決定いたしました。

山下徹大、和興、中野マサアキ、太田雄路、桑原洋一、佐藤竜、冨田佳孝、木村元親、市野莉絵、林恵理、亀田理恵。以上のメンバーで戦います。チケットの発売は5月27日からとなります。

コンタクトはbakuten2006@gmail.comまで


次回作『神軍ラッパは響かない』(仮)出演者募集

獏天の新作の『神軍ラッパは響かない』(仮)の出演者募集しております。

下北沢GEKI地下リバティにて6月29日(水)~7月6日(水)約20ST

平成編と戦中編があります。

平成編は、今も紛争や戦争の傷跡の残る地で地雷撤去のバイトに就いた5人の男たちの話。

それぞれ、遠い国へやってきた理由があり、それぞれの悩みがある。しかし、平和国ニッポンから来た男たちは、死に対する危機感がその地のものとは異なっていた。

地雷を踏んだ男は、何を考え、何を後悔し、何を思い出し、どうやって死と対面するのか・・・。

募集は男性20代から50台まで(そう見える方でOK)約12ST

女性20代から40代(そう見える方でOK)4STから6ST

戦中編は、第二次世界大戦終戦直後、終戦を知らされずフィリピンで飢餓、マラリアに苦しみながら、目標も無くただ山林の中を彷徨う事しかできなかった男が地雷を踏んだ。そこへ日本兵の投降を促す日系アメリカ人兵が出くわす。そこには、国籍を超え同胞としての何かが生まれるのか…。死は当たり前の時代、彼らは死にどう立ち向かうのか。現代そして過去の死生観を問う話です。

二人舞台になります。

募集は、男性20代から30代

作演出:イデヨシフサ

アクション:田渕景也(GOCOO)田渕氏は、映画『進撃の巨人』『十三人の刺客』などのアクション監督です。本格的なアクションやりたい方は来てください。

身長、体重、近々の出演作品、プロダクションや劇団に所属の有無、ご連絡先(電話、メール等)、今作品に期待する事をお書きの上、バストサイズの写真、フルショットの写真を下記のメールアドレスに添付しお送りください。

締切は、4月14日(日)先着順にオーディションを行いますので、役が決定次第オーディションは終了となります。

チケットバックあります。

オーディション応募アドレス:bakuten2006@gmail.com